【かごしまのSDGs紹介】倒木を薪に再生!(株) 鹿児島電気サービス

SDGs

「SDGs」とは、「持続可能な開発目標」のこと。世界が直面しているさまざまな課題を克服し、持続可能な世界を実現することを目指して、世界中でいっしょに取り組んでいくための目標です。その実現には私たち一人ひとりの選択や行動が大切。このページでは鹿児島でSDGsに繋がる取り組みをする企業や団体をご紹介します。

電気を守るために切った木を キャンプやバーベキューに生かして

今回ご紹介するのは、鹿児島市真砂本町の㈱鹿児島電気サービス。 鹿児島県産の薪が気軽に購入できる無人販売を始めました。
同社は、九州電力送配電㈱の業務委託会社として、鹿児島エリアで電力保安伐採業務を行う伐採のプロフェッショナル集団です。自然災害による倒木で停電が起きたときの倒木処理や、電線に支障となる木の伐採などを通して、みなさんの家に届く電気を守っています。

倒木の除去作業。停電解消のために「1秒でも早く」が合言葉です

電力保安作業のなかで伐採した樹木を「資源の有効活用として地域のみなさまに役立ててもらえたら」と始めたのが薪の販売。同社1階にある販売所には、火持ちが良いとされる樫やクヌギの薪、焚き付け用の小さな薪に加え、スウェーデントーチ、堅木の薪割り台等がズラリと並びます。料金も500円で買えるものが中心とリーズナブルです。
アウトドア好きやSDGsに関心のある方は、ぜひご利用ください。

薪の無人販売所。たくさんの種類の薪が並んでいます

薪が買える無人販売所はここ!

株式会社 鹿児島電気サービス
鹿児島県鹿児島市真砂本町54番1号(ニシムタスカイマーケット鴨池店ななめ前)
☎099-254-0619

※2022年11月末に、七ツ島へ移転予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました