【連載】CRECER CHILD’S SCHOOL 小児科

CHILD'S SCHOOL

子宮頚がんワクチン

子宮頚がんワクチンってご存じでしょうか。日本では子宮頚がんに毎年約一万人が罹患し約2800人が亡くなっています。患者数、死亡者数ともに増加傾向で、発症は20代後半から40代と若い世代が中心です。
これを予防しようと2013年4月から予防接種法に基づき定期接種化されましたが、接種後の広範な疼痛、運動障害などの多様な症状が報告され、マスコミでも副作用として大々的に報道されました。そのためわずか2か月後には「積極的に勧めることを中止します」と、厚労省のホームページに記載され、現在多くの子ども達が受けないまま接種対象年齢を過ぎてしまっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました